ニュース&トピックス

[2017/05/18]

「国産材マニュアル活用」&「熊本地震における地盤の被害と対策」セミナー開催のお知らせ

「国産材マニュアル活用」&「熊本地震における地盤の被害と対策」セミナー開催のお知らせ
~地域工務店や川上・川下の国産材利用促進普及について~

JBNでは、日本林業経営者協会(青年部)、日本木材青壮年団体連合会、国産材製材協会の四者と共同して『国産材等流通促進協議会』を設立し、事業に取り組んでおり、昨年度は、横架材への国産材利用促進やムク国産材の利用拡大を目的とした調査、検討を行って参りました。この度、この調査をもとにした「国産木材活用マニュアル」を作成して、その中身についてのセミナーを開催致します。また、第2部では、熊本地震における「液状化被害」「崖地の崩壊による被害」「断層変異による被害」等の調査結果から、その「備え」についてのセミナーを併せて開催致します。是非御参加頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

《セミナー概要》
主催/共催
JBN、日本林業経営者協会、日本木材青壮年団体連合会、国産材製材協会、㈱グリーンマム

日 時 平成29年6月20日(火)
   〇受付開始 13:00 〇セミナー 13:30~16:30

会 場 テクノポリスセンター (くまもと産業支援財団) 総合学習室
    熊本県上益城郡益城町大字田原2081-10

受講料 無料(定員60名)
    ※JBN会員、会員外、木材関係者の方どなたでもご参加できます。

申込方法
申込書をJBN事務局宛(03-5540-6679)にFAXでお送り下さい。
※受付後、受講票をFAXにてお送りさせて頂きます。
※定員になり次第締切になります。
申込締切期限:6月14日(水)

《セミナー内容》
第一部13:30~15:30 国産材活用マニュアル説明
本マニュアルは、住宅生産事業者に国産木材(製材)の特性を理解し、建築主等への説明等に
役立ててもらうことを目的にしております。主に3つの内容①木材の活用による効用②建築物への木材の活用方法③地域の木材供給体制の構築です。
住宅精算事業者と建築主等のコミュニケーションツールとして活用できます。

第二部15:30~16:30 熊本地震における地盤の被害と対策
昨年4月14 日より相次いで発生した一連の熊本地震における「液状化被害」「崖地の崩壊による被害」「断層変異による被害」等の調査結果から、その「備え」についてご説明いたします。地盤調査のJHSが熊本地震の調査報告になります。

《申込書》

戻る

ページTOP